副業・ブログ

【初心者ブロガー必見】Googleアドセンス狩りをされた時のたった1つの対処法!!

Googleアドセンス狩りとは_アイキャッチ

2021年4月16日に『Googleアドセンスの広告』が一時停止しました、、、

Googleアドセンス_ポリシーセンター

※上記の画像では4月15日になっていますが、実際15日は広告が掲載されていましたので、15日までは掲載していたけど、16日には停めたということだと思います。

そうです『Googleアドセンス狩り』です。

対策はしっかりしたつもりでしたが、アド狩り対応で有名なプラグインは、あまり効果が無かったです。

AdSense Invalid Click Protectorはスマホ非対応_アイキャッチ
【スマホ非対応】アド狩り対策で有名な『AdSense Invalid Click Protector』は不要!?アド狩り対策で有名な『AdSense Invalid Click Protector』はスマホ非対応なことはご存知ですか?本記事ではその根拠およびアド狩りへの対処方法を分かりやすく紹介しています。 ...

りりまん

正直めちゃくちゃ萎えました。アドセンス狩り許すまじ…

【追伸】

5月16日の午後には予定通り広告が復旧しました。

ただ!

狩られたから悔しいです、、、
やる気がなくなりました、、、

では、今後に活きてきません。

当時の筆者の状況と対応方法について考察し、今後どのような展開になるのか共有させてもらいたいと思います。

今回の記事の構成は以下の通りです。

  • 不正クリックから広告停止までの時系列
  • Googleへの報告方法
  • アドセンス狩りをする人の気持ちと対応策

今後、筆者のような被害者を出したくはないので、是非とも反面教師にしてください!

では、どうぞ!!

【Googleアドセンス狩りとは】

Googleアドセンスを掲載しているサイトに対する迷惑行為です。

具体的には以下の2点が挙げられます。

  • アドセンス規約違反のサイトに自分のアドセンス広告を貼られる
  • 何回も広告をクリックされる

不正クリックから広告停止までの時系列

まず不正クリックからの時系列を下記に示しますので、ご参照ください。

Googleアドセンス停止までの時系列

4月11日に不正クリックがあって、更に3日後の14日にも同様に不正クリックがありました。

そして、4月16日にはGoogleアドセンスの停止、復旧は5月15日予定となっています。

ここでは赤枠部の『Googleへの報告』についてと青枠部の『報告の有効性』について詳しく説明します。

Googleへの報告を即日に(上記図赤枠部)

筆者は毎日アドセンスの管理画面を見ていたので、クリック数・クリック率がおかしくなったらすぐ気づける状況でした。

そのため、異常があればすぐに『Googleへの報告』をしていました。(報告の詳しい手順については後述します。)

ただ、みなさん思ったはずです。

「報告をしていても実際広告を停止されているので意味ないんじゃないか?」

確かにその通りです。

筆者も腑に落ちなくて色々調べたらあることが分かりました。

それは

『報告内容が即日処置されない』

ということです。

次項で詳しく説明します。

Googleへの報告は意味がない?(上記図青枠部)

不正クリックの報告をしても、実際に広告を停止されたので、Googleへ怒りの問い合わせをしようとしました。

すると以下の画面にたどり着きました。

Googleアドセンス_お問い合わせ

「ん?なんか2つのケースが『処理中』になってるな~、これって不正クリックの報告した日付を一致するな~」

そこで気づきました。

Google様まだ報告内容を見てない・対応できてないんじゃないかと、、、

上記の内容は憶測でしかないので、確証はありませんが、十分考えられる内容だと思います。

つまり、Googleアドセンスのアルゴリズムで不正クリックを感知し、広告は停止したけど、問い合わせの内容を理解してもらえれば広告が復活するかも、ということです。

りりまん

Google様~助けてください!!!

では、上記の画面にいく手順を以下に纏めましたので、ご参考に。

  1. Googleアドセンスの管理画面から「アカウント→ポリシーセンター」
  2. 「ヘルプ」をクリック
  3. 下までスクロールして「お問い合わせ」をクリック
  4. 「お問い合わせ」の画面で問い合わせ内容を入力し、次のステップをクリック

まずはGoogleアドセンスの管理画面から「アカウント→ポリシーセンター」

Googleアドセンス_ポリシーセンター

Googleアドセンスが停止されている場合、以下の画面が表示されるので「ヘルプ」をクリック!

Googleアドセンス_ヘルプ

下までスクロールすれば以下の画面が表示されるので、「お問い合わせ」をクリック。

Googleアドセンス_お問い合わせ

すると「お問い合わせ」の画面になりますので「①はじめに」の部分にお問い合わせ内容を記載しましょう。

おそらく、なんでも良いので「アドセンスが停止したので、どのような処置をするば良いですか?」など適当に入れて「次のステップ」をクリックしましょう!

Googleアドセンス_お問い合わせ(はじめに)

ここまで入力すると、自分が過去に問い合わせた内容の処理状況をみることができます。

Googleアドセンス_お問い合わせ(処理中のサポートケース)

りりまん

この報告が意味があったのか否かは、今後判明しますので、分かり次第共有したいと思います

Googleへの報告方法

さて、では実際に広告を不正クリックされた時の『Googleへの報告方法』についてご説明します。

入力しないといけない項目は以下の8項目です。

  1. 氏名
  2. メールアドレス
  3. サイト運営者ID
  4. 広告コードが表示されているURL
  5. トピック
  6. クリックが発生した日時
  7. 無効なクリックの疑いがあることを示す該当部分
  8. 不正な操作の原因と考えられる疑わしい IP アドレス、参照 URL、リクエストに関して、お客様のウェブサイト、モバイルアプリ、YouTube チャンネルのトラフィックログやレポートのデータをご記入ください。

Googleアドセンス_無効なクリックの連絡フォーム

1つずつ説明していきます。

↓報告は以下からアクセスできます。
無効なクリックの連絡フォーム

氏名

ご自身の名前を入力しましょう。

Googleアドセンスに登録している情報と同様の氏名が良いと思います。

「GoogleアドセンスTOP」⇒「アカウント」⇒「個人設定」で参照できます。

メール アドレス

メールアドレスの入力です。

こちらもGoogleアドセンスに登録している内容と同じものにしましょう。

「GoogleアドセンスTOP」⇒「アカウント」⇒「個人設定」で参照できます。

サイト運営者 ID

サイト運営者IDを入力しましょう。(pubから始まるやつです)

確認方法は「GoogleアドセンスTOP」⇒「設定」⇒「アカウント情報」⇒「パブリッシャーID」で確認できます。

Googleアドセンス_アカウント情報

Googleアドセンス_アカウント情報(パブリッシャーID)

広告コードが表示されている URL

ご自身のブログのURLを入力しましょう。

トピック

トピックは以下の2点の選択項目があります。

  • アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする
  • アカウントの状態について大幅な変化を予測する

今回は上段の「アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする」を選択しましょう。

クリックが発生した日時

不正クリックが発生した日時を入力します。

詳しい状況が分かる際は「2021年4月15日 8時頃」などをできるだけ詳細を入力し、詳しく分からない場合は日付までで良いと思います。

無効なクリックの疑いがあることを示す該当部分

ここでは、どのようなことが発生しているのか記載する必要があります。

例えば

普段であれば〇%程度であるクリック率が〇%を超えており、異常な状態であると判断しました。第三者による不正クリックの可能性もあると思いますのでご連絡いたします。(GoogleフォトのURLを記載すると尚良い)

など、を入力ください。

また、Googleアドセンスの管理画面(クリック率が異常値の)のスクショをGoogleフォト上にupし、そのURLを上記の文章の最後に記載しておくと更に説明性が良いです。

Googleフォトは以下より参照できます。

フォト – Google フォト

不正な操作の原因と考えられる疑わしい IP アドレス、参照 URL、リクエストに関して、お客様のウェブサイト、モバイルアプリ、YouTube チャンネルのトラフィックログやレポートのデータをご記入ください。

最後の項目はアド狩りをした「IPアドレス」が分かる場合は入力しましょう。

大体の人は分からないと思います。

ただ、Googleアナリティクスとアドセンスを連携させている方は

「Googleアナリティクスと連携を行っています」と入力しておきましょう。

Googleアナリティクスとの連携方法は後日纏めますので少々お待ちください。

ここまで入力し「送信」をクリックすれば、報告完了です。

お疲れ様でした。

できるだけ迅速に対応した方がよりので、1日1回はアドセンスの管理画面を見るようにしておきましょう!

アドセンス狩りをする人ってどんな人?

では、思考を変えてここでは『アド狩りをする人』について、整理していきます。

人物像を理解することで、アド狩りを防ぐ手段も見えてきます。

まず、筆者が考える「アド狩りしている人」とは以下の3点のどれかが当てはまると思います。

  • ブログをしている・していた。
  • ブログの運営がうまくいかなかった・いっていない
  • ライバルをできるだけ減らしたい

1つずつ説明していきます。

ブログをしている・していた

そもそもなんですが、「アド狩り」なんて言葉をブログをやったことが無い人が知っていると思いますか?

筆者もブログを始めて、初めて聞いた言葉です。

つまり、アド狩りをしている人は今もしくは過去にブログに挑戦していた人ということになります。

ブログの運営がうまくいかなかった・いっていない

アド狩りとはただの迷惑行為と理解しているはずです。

それでもやってしまうということは、自分がうまくいかなかった・いっていないときの憂さ晴らしという面が大きいと思います。

ライバルをできるだけ減らしたい

筆者もアド狩りをされて、すごく萎えましたし、やる気もなくなりました。

ブログをやめる1つの要因になることは間違いありません。

これを考えると、自分と似たようなジャンルの人へのアド狩りは「ライバルを減らす」という手段で使われてしまうのはあり得るかもしれません。

結論

アド狩りをされないためには、上記の特徴を持つ人に目を付けられないようにする必要があります。

つまり

「ヘイトを溜めない」

これに尽きます。

なにも悪いことをしていないのに、コソコソしないといけないので、気分は良くないと思いますが、ここはぐっとこらえましょう。

筆者がアド狩りをされたのは以下の記事です。

ブログ初心者が『1ヶ月と10日で収益4桁を達成した方法』を公開!!ブログの収益化で悩んでる方。ブログ初心者がブログを開設して『1ヶ月と10日』で収益4桁を達成した方法を紹介いたします。そこまで難しいことは行っていないので、誰でも達成することができると思います!!...

確かに少しヘイトを集めやすい内容となっています。

また、Twitterなどでの「アドセンス合格報告」や「収益報告」も極力辞めた方が良いでしょう。

いいね!やリプはたくさん貰えるので、ついやりたくなりますが、リスクが大きいと感じます。

りりまん

ちなみに僕はやってはいけないことを全てやってます、、、そしてこのざまですw

まとめ

まとめると以下の通りです。

◆アド狩りの対処方法

  • アド狩りをされたら、すぐにGoogleに報告する
  • 不正クリック報告から対処までは時差がある


◆未然に防ぐ方法

  • Twitterやブログで「ヘイト」を溜めないようにする

現状では明確な防御策がないのが、少し残念ですが、、、

Google様も少しずつアップデートしてくれるはずなので、そこに多少期待したいです!

また、事前にやっておくべきことも少なからずあるので、しっかり対策しておきましょう!

Googleアドセンス狩り対策_アイキャッチ
【2021年版】Googleアドセンス狩り対策として事前にやっておくべき『4つ』のこと!! 初心者ブロガーの1つの目標として『Googleアドセンスの合格』が挙げられますよね! 合格したら嬉しくて、広告を...

みなさんが、もし「アド狩り」の被害にあった際は、本記事を参考にしていただければ幸いです。

では、また!

【追伸】

5月16日の午後には予定通り広告が復旧しました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA