人間関係・人生観

三日坊主にならない方法|7つの「原因と解決策」を徹底解説!!

三日坊主にならない方法_アイキャッチ

 この記事がおすすめな人 
  • 三日坊主とは何か知りたい日知
  • 三日坊主になる原因が知りたい人
  • 三日坊主を克服したい人

「三日坊主」とはよく聞く単語です。

意味は「なにか新しいことに挑戦する際に長続きせずに辞めてしまうこと」を指します。

本来であれば、せっかく挑戦するのですがから、長く継続して成果をあげることが目的だと思います。

つまり、三日坊主になりたい人なんかいないわけです。

では、なぜ三日坊主になってしまう人が続出しているのでしょうか?

今回は三日坊主になる『7つの原因』と、その対策方法について解説していきます。

本記事を読むことで、多少なりとも三日坊主になる確率は減らせると思いますので、是非参考にしてみてください。

嫁さま

始めた時はやる気があるんだけどね~。
時間が経っちゃうとね、、、

りりまん

その気持ちは痛いほど分かる!
でも、正しいやり方を学べば継続できるようになるよ!!

  • 兵庫県在住 28歳
  • サラリーマン歴10年目
  • 総資産1400万円
  • ブログ運営(8カ月目)
  • Twitterフォロワー2600名
ブログ運用者
りりまん

運営者プロフィール・Twitter(@ririmannonline

「三日坊主」とは

三日坊主(みっかぼうず)とは「物事に対して飽きっぽく、長続きしない例え」や「実際に物事が長く続けられない人」のことをいいます。

三日というのは実際の期間を表している訳ではなく、「短い期間」というのを比喩した表現になります。

つまり、自分が成しえたかった成果や目的が達成できない段階で辞めてしまうことを全般的に『三日坊主』ということができます。

三日坊主の由来

「三日坊主」は、文字のごとくのお坊さんが由来となっている言葉です。

お坊さんになるには、お寺に住み込み、早朝から夜まで毎日厳しいお勤めを行わねばなりません。

つまり、めちゃくちゃ辛くてしんどいのです。

もちろんお坊さんも人間ですので、短い期間で心が折れて寺から脱走する人が昔から後を絶たなかったみたいです。

そんなことから、「何かを始めたものの、短い期間で音を上げてやめてしまうことや、その人」の比喩として「三日坊主」が使われるようになりました。

では、次項から『三日坊主になる原因』について解説していきたいと思います。

「三日坊主」7つの原因と解決策

三日坊主になる原因は大きく分けて2つあり、それは「精神的な問題」「方法(やり方)の問題」です。

具体的には以下の通りです。

精神的な問題
①三日坊主になった過去を思い出す
②あまりメリットを感じなくなる
③やめても生活に支障がでない
方法(やり方)の問題
①目的が設定できていない
②日々の管理がが具体化できてない
③成果が見える化できていない
④高難度の方法を選択してしまう

計7つの項目が「三日坊主」の原因となっていますので、1つずつ簡単に説明し解決策についてもご紹介します。

精神的な問題:①三日坊主になった過去を思い出す

誰しも何かに挑戦しようとしたことはあるはずです。

大人になってからでなくとも、小さい頃も含めてです。

例えば

・毎日勉強する
・スポーツで良い成績を残す
・家事を毎日こなす
・貯金をする

などなど、挙げたしたらキリがありません。

そのすべてにおいて継続できていて、成果を出せている人間は少ない(ほぼいない)です。

更にその都度、親や周りの友人から「お前はなにやっても長続きしないな~」などを言われたり、自分でそう感じながら育ってきて方は少なくないと思います。

そんな方は長続きしないのが自分の特徴・性格だと勝手に思い込んでしまっていことがあります。

つまり「どうせやっても長続きしないしな~」と、やる前からネガティブになりやすいということです。

嫁さま

ネガティブな感情は絶対長続きしない原因ではあるよね。

この問題を解決する方法は以下の通りです。

解決策

小さな成功を積み重ねて、自信を付ける

「自分はどうせ続かない」という考えがよろしくないので、凄く簡単な挑戦を繰り返して成功体験を積み重ねるのがおすすめします。

「毎朝10分早く起きて朝活する」
「毎日10分だけ歩く」
「毎日100円貯金する」

など、自分にとって簡単なものを設定し、とにかく続ける努力をしてみましょう!

りりまん

自分に自信がついたら何事も好転するからね!

精神的な問題:②あまりメリットを感じなくなる

例えば「毎朝5㎞走る」という挑戦を掲げ、目的は健康管理のためということにします。

ただこの場合、健康であることが目的であるため、毎朝走っている意味について、良く分からなくなってしまうことがあります。

なので、走る回数が「2日に1回」「4日に1回」「1週間に1回」と、徐々に回数が少なくなっていき最終的には辞めてしまいます。

要するに「毎日走らなくても健康だったら良いんでしょ?」と自分に言い訳をしてしまうということです。

この解決策は以下の通りです。

解決策

自分ルールを設け、定期的にご褒美を用意してあげる

毎日走る意味(メリット)を自分で用意してあげることが、この問題の解決策になります。

例えば「1週間走ったら何でも好きなものを食べて良い」や「1カ月走ったら欲しかったゲームを買う」など。

自分が挑戦することのメリット・目的をしっかり設定してあげることが重要となります。

りりまん

自作自演だけど、これが結構効果的なんだよね!

嫁さま

友達や家族同士でご褒美を設定しても楽しそうだね!

精神的な問題:③やめても生活に支障がでない

新たに挑戦する際は、今の生活が成り立っていて、そこにプラスαで何かをやることが多いと思います。

そのため、新たな挑戦は『やらなくても生活に支障がでない』のです。

例えば先ほどの例で説明すると「毎朝5㎞走る」という挑戦は、日常生活に必要でしょうか?

おそらく走らなくても生活できますし、辞めたからといってなにもお咎めはありません。

このような環境が、三日坊主になってしまう更なる原因であります。

この問題の解決策は以下の通りです。

解決策

やらないといけない環境を作る

自分1人で継続できない人は周りを巻き込むのが効果的です。(迷惑をかけないように)

「誰かと一緒にやる」というのが一番簡単な方法ですが、片方が辞めると両方辞めてしまう可能性があるので、注意が必要です。

そこで筆者がおすすめする方法は、有言実行です。

「明日から○○します!!」

と、声高々に宣言しましょう。

人が多ければ多い方が自分へのプレッシャーになって良いです。

嫁さま

言ったからにはやらないと!ってなるってことね。

「不言実行」の方が黙々とやるべきことをやってる感がでていて、かっこよく感じますが、その分辞めるのも簡単です。

だって誰もやってることを知らないんですから、実行できなくても恥をかくことはありません。

嫌でもやらないといけない状況を自分で無理やり作ってみましょう!

りりまん

本当はなんでも継続できるメンタルがあるのなら「不言実行」がカッコいいよね~w

方法の問題:①目的が設定できていない

目的が不明確だと、進むべき道を見失い継続することが難しくなってきます。

三日坊主になる人は、その場の思い付きで、適当に始めて「なんか違う」と思ってすぐやめてしまう。

これがもっとも多いように感じます。

ゴール(目的)が見えない状態で続けるのはとてもしんどいことです。

具体的な目的を持っておくことが継続のカギになります。

嫁さま

学生時代も持久走でゴールが見えた時は頑張れたもんね!!
意味違う?w

りりまん

感覚はあってるよ(笑)
ゴール設定は明確にね!

解決策もそのままです。

解決策

具体的な目的の設定を行う

自分が本当になにがしたくて、どのような手段を取らないといけないのかを明確にしておきましょう。

「具体的な」という部分もポイントです。

「痩せる!」や「お金を貯める!」

だけではなく「いつまでに」「どれだけ」の部分もある方が、継続しやすくなりますので注意してみてください。

目的を決めた後も、本当の目的を見失わないようにする必要があります。

詳しい内容は以下の記事に記載しているので、合わせてみてみてください。

手段の目的化とは_アイキャッチ
【危険!!】手段の目的化とは|絶対に陥ってはいけない思考回路  この記事がおすすめな人  手段の目的化とは何なのか知りたい人手段の目的化に陥る原因を知りたい人手段の目的化にならないための対...

方法の問題:②日々の管理がが具体化できてない

目的を設定できていても、日々の具体的なアクションまで落とし込めていないと継続は厳しいです。

例えば「3か月で5キロ痩せる」という目的を設定したとします。

目的を設定するまでは良いのですが、次になにをやって良いか分からなくなり、気づけば痩せるということを放棄してしまいます。

りりまん

目的だけ決めて満足していたらダメということだね!

こちらの解決策は以下の通りです。

解決策

できるだけ細分化し、日々の生活に落とし込む

生活の一部、つまり習慣にしてしまうので継続の秘訣です。

みなさん歯磨きを怠ることはほとんどないですよね。そうゆうことです。

「3か月で5キロ痩せる」 という目的を設定したのであれば、次は何をするかを決めていきます。

・運動をする
・食事制限をする

などの、目的だけでは不十分です。

「○時から○時に○○の運動」をして、「食事は○○を食べる」などどんどん具体化する必要があります。

最初はめんどくさかったり、後回しにしてしまいがちですが、慣れればどうということはありません。

良い習慣を身に着けていきましょう!

方法の問題:③成果が見える化できていない

継続していくことで、ぶち当たる壁はマンネリ化です。

同じことの繰り返しはモチベーションが上がってこないので三日坊主になる確率が上がります。

自分がこれまでどのようなことをして、あとどれだけ頑張れば目標を達成できるのかを把握しておかないといけないのです。

要するに「目的に対する自分の現在地を知る」ことが重要ということです。

解決策は以下の通りです。

解決策

やったことを毎日記録(できれば数値化)する

とてもシンプルな解決策ですが、記録を残すというのは、実は効果的です。

目に見える成果がないと、どうしても続けるのは厳しくなってきます。

日々の途中経過もやる気をあげることができる1つの要素となります。

個人的にはアプリ等で管理することをおすすめします。

紙でも良いかもですが、グラフ化等を自動でやってくれるアプリもあるので、見やすさは段違いだと思います。

りりまん

貯金とかをするなら「マネーフォワードME」がおすすめ!

僕はランニングとかもアプリで管理してます!

方法の問題:④高難度の方法を選択してしまう

最後の問題点は「高難度の方法を選択してしまう」というものです。

つまり、初心者が最初に手を出すべきではないものをやってしまい、成果がでない・難しいから辞めるというパターンです。

こちらの解決策は簡単です。

解決策

身の丈に合った選択をする

なんとも当たり前のことなんですが、意外と見落としてしまうポイントでもあります。

実際に筆者がそうなんですが、「こんな簡単なこと飛ばしても良いよ!」と少し難しめの目標や手順を踏んでしまい、挫折したことがなんどかあります。

りりまん

お恥ずかしい、、、
調子に乗らないで基本に忠実が結果的に早いです!

みなさんも何かに挑戦する時は、しっかり基礎から固めていきましょう!

まとめ:三日坊主になる確率は下げれる

三日坊主についてまとめます。

三日坊主とは

  • 自分が成しえたかった成果や目的が達成できない段階で辞めてしまうこと

三日坊主の7つの原因

  • 三日坊主になった過去を思い出す
  • あまりメリットを感じなくなる
  • やめても生活に支障がでない
  • 目的が設定できていない
  • 日々の管理がが具体化できてない
  • 成果が見える化できていない
  • 高難度の方法を選択してしまう

「三日坊主」とは聞き馴染みのある言葉だったと思いますが、これだけ掘り下げて調べたことはなかったのではないでしょうか。

また、今回の内容を実行してもらえれば、三日坊主になる確率は格段に減少すると思います。

『継続できるというのは1つの能力』なので、これからも新しいことにどんどんと挑戦していきましょう!

では、また!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA