お金・資産運用

【初めてのFX】トラリピとは|自動売買で不労所得を手に入れる最短ルート!!

 この記事がおすすめな人 
  • FXについて何も知らない投資初心者の方
  • トラリピ(自動売買)について知りたい人
  • 毎月少額でも良いからキャッシュフロー(利益)が欲しい人

「FX」「自動売買」「不労所得」

投資の勉強をしている方ならよく目にする単語であり、飛びつきたくなるような魅力のある言葉です。

しかしその反面、多くの方がこの単語を見る度に「なんか怖い」「詐欺?あやしい…」と思うのではないでしょうか。

それは「仕組みをよく理解していない」というのと「損をした(借金した)話をよく聞く」というのが大きいと考えます。

今回はそんな「FX」「自動売買」「不労所得」が手に入るツールとして有名で人気な『トラリピ』について解説していきます。

「FXについて何も知らない」
「トラリピってなに?」

という方に向けて分かりやすく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

誰でも月に数千円~数万円の利益ならすぐに出せるようになると思います!

嫁さま

私、本当になにも知らないけど大丈夫?

りりまん

そんな人にも分かるように、だいぶ嚙み砕いて説明していくね!

ちょっと長くなるかもだけど、それは頑張って!!

口座の開設方法は以下の記事でわかりやすく説明していますのでご参考に。

【口座開設】マネースクエアで「トラリピ」運用|投資初心者でも簡単に自動売買が可能!!  この記事がおすすめな人  マネースクエアでの口座開設方法が知りたい人トラリピでの自動売買運用がしたい人毎月のキャッシュフロー...

  • 兵庫県在住 28歳
  • サラリーマン歴11年目
  • 総資産1700万円
  • ブログ運営(1年4カ月目)
  • Twitterフォロワー3000名
ブログ運用者
りりまん

運営者プロフィール・ Twitter(@ririmannonline

『FX』とは

トラリピの説明の前に「FX」について簡単に説明します。

※「FXは知ってるからトラリピだけ教えて!」という方は、こちらをクリックして次項へジャンプしてください

FXとは「Foreign Exchangeフォーリンエクスチェンジ」の略で、日本語では「外国為替取引」や「外国為替証拠金取引」という意味で使用されます。

「外国為替取引」と「外国為替証拠金取引」の違いは“証拠金”という言葉がついているか否かになります。

そして、一般的には『FX=外国為替証拠金取引』と表すことが多いです。

既にややこしくて嫌になる気持ちは分かりますが、安心してください。

2つの言葉について、すごく簡単に説明します。

外国為替取引

まずは「外国為替取引」についてです。

「外国為替」とは簡単にいうと外国の通貨(ドル、ユーロなど)との交換を意味します。

いわゆる両替です。

例えば、アメリカに旅行に行く時に「日本円」も持って行っても使用できないので、銀行で「ドル」に交換する必要があります。

その行為のことを「外国為替取引」というのです。

為替(両国の通貨価値)の変動でちょっと得したり損したりします。

外国為替取引の例

「1ドル=100円」時
10000円をドルに換えたら100ドルになる

「1ドル=110円」時
先ほどの100ドルを円に替えると11000円になるため、差額の1000円の利益が出る

嫁さま

なんだ、そんな簡単なことなのね。
難しく書かないで欲しいよね(笑)

りりまん

厳密には「円」を売って「ドル」を買っているっていうことだから取引ってつくんだよ。小難しいのは仕方ないかもね(笑)

外国為替証拠金取引

では次に「外国為替証拠金取引」についてです。

先述した通り「証拠金」という言葉がついています。

つまり「外国為替取引(両替)を証拠金で行うことを言います。

証拠金とは分かりやすく言うと「担保金」みたいなものです。

少し表現はよくありませんが「人質」とイメージすると分かりやすいかも知れません。

先ほどの外国為替取引(両替)の場合、自身が持っているお金の範囲内でしか取引(両替)はできませんでした。

1万円を持っていたら、1万円分の外国の通貨と交換できたのです。

しかし、証拠金として1万円を担保(人質)にすれば、より大きい額の取引ができるようになるのです。

俗に言うレバレッジというやつです。

嫁さま

この子(1万円)はここに置いていくから、もっと大きな金額を取引させて!!っていうこと?

りりまん

そうそう。
借金する時とかも家とかを担保(人質)にすることあるよね。そんなイメージだよ。

少ないお金で大きな金額の取引ができるようになるため、その分多くの利益が獲得できる可能性が高まります。

日本では多くの場合、証拠金の25倍までの金額を取引できることが多いです。

外国為替証拠金取引の例

「1ドル=100円」時
10000円を証拠金に25万円分(レバレッジ25倍)、2500ドルを購入

「1ドル=110円」時
先ほどの2500ドルを円に替えると27万5千円(110×2500)になるため、差額の2万5千円の利益が出る

同じ金額・同じ為替の変動の場合でも、証拠金を利用し取引をすれば、効率よく取引ができます。

しかし、当然ですがリスクもその分増大しています。

利益が増える分、損失を被った際の額も大きくなるのです。

FXで大損したという話を聞くのは、この証拠金(レバレッジ)の管理がよろしくなくリスクを取り過ぎていたため起こる現象です。

逆に言うとFXは、リスク管理さえしっかりできていれば、そこまで危険な取引ではないということです。

FXに限らず、全ての投資においてリスク管理は必須です。

自分で許容できるリスクをしっかり見極めていきましょう。

FXについてまとめると『FXとは証拠金を活用して(レバレッジを効かせて)外国の通貨を売買して利益を獲得する』という投資となります。

そんなFXがどのように「トラリピ」と繋がっていくのか次項で説明していきます。

目次に戻る⇧

『トラリピ』とは

トラリピとは、トラップリピートイフダンの略となり、マネースクエアが提供する自動売買ツールになります。

FXの変動に応じて自動売買を行い利益を獲得する投資方法になります。

特許も取得していますので、ある程度は信用できるのですが、「なんだか怪しい…」「怖い」という気持ちが大半だと思います。

そこでトラリピの「仕組み」から「必要な資金」「リスク」についてわかりやすく説明していこと思います。

1つずつ理解すれば、不安な気持ちも薄れると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

  • 自動売買(トラリピ)の運用!
  • 一度設定すればあとは放置
  • 毎日少額の利益をGET!!

仕組み

トラップリピートイフダンはトラップtrap」「リピートrepeat」「イフダンIf Doneに分解で、きそれぞれに意味と役割があります。

簡単に図にすると以下の通りです。

要するにトラリピは「イフダン」を「リピート」し、相場の広い範囲に「トラップ」を仕掛けているということです。

そうすることで、1度設定さえしてしまえば売買に時間を割かれることなく、コンスタントに利益が獲得できるようになります。

ただ、設定方法がよく分からないという方が大半だと思います。

そんな方のために「設定方法」は後述していますので、同じ設定にすることで筆者と同じ運用が可能になります。

慣れてきて自分なりにアレンジしたくなったら、後から変更することも可能です。

りりまん

僕は約6カ月トラリピで運用しているけど、月利約1%の成果がでてるよ!

まずは「マネースクエア」にて口座を開設するのが最初のステップとなります。

口座の開設方法に関しては”【口座開設】マネースクエアで「トラリピ運用」”にて詳しく説明していますので参考にしていただければと思います。

【口座開設】マネースクエアで「トラリピ」運用|投資初心者でも簡単に自動売買が可能!!  この記事がおすすめな人  マネースクエアでの口座開設方法が知りたい人トラリピでの自動売買運用がしたい人毎月のキャッシュフロー...

マネースクエア公式サイトにて、トラリピの仕組みに関する簡単な動画(90秒)もありますので、見てもらえるとイメージしやすいと思います。

必要な資金

トラリピに必要資金について一概に言えませんが、30万円はあった方が良いです。

もちろん30万円より少ない金額で運用することはできますが、リスクが高くなってしまったり、思っているほど利益がでなかったりします。

実際、後述している「トラリピの設定方法」も目安の金額は30万円からです。

少ない金額をギャンブル的に増やす投資方法ではないので、まずはコツコツ30万円ほど貯めることをおすすめします。

嫁さま

30万円が無い人は、固定費の削減とか節約から始めるべきなのかな?

りりまん

そうだね!
マネーフォワードで家計簿管理したり、格安携帯(povo,ahamo,LINEMO)にしたりして固定費の削減が一番初めのステップかな~

『トラリピ』のリスク

トラリピのリスクについて解説します。

トラリピはレンジ相場(値動きが一定の範囲内で上下を繰り返す相場)を前提としています。

以下のような相場があった場合、100円~110円の間で上昇下降を繰り返しているのが見て分かると思います。

そのため、「100~110」の範囲でトラリピを仕掛けます。

つまり、上記の場合

「下は100円未満、上は110円を超えないだろう」

と、予想して設定するわけです。

その場合、以下の図の通りとなりトラリピの設定範囲外、つまり100円未満と110円を超える範囲がリスクとなります。

110円を超えるとトラリピを設定していないので、当然ですが売買が行われず投資(入金)している金額が有効活用されないことになります。

そして、一番怖いのが100円未満になった場合です。

その場合は「ロスカット(強制決済)」が執行されて、投資しているお金のほとんどを失ってしまいます。

つまり、このレンジ相場の範囲を見定めるのが一番重要となるわけです。

その範囲は過去の推移等をみて判断します。

経験を積んでくると自分で予想しながら設定することもできますが、まずは誰かの真似をしながら慣れることが大切かと思います。

各通貨ペアでの範囲の設定は後述していますので、ご参考にしてください。

ハーフ&ハーフについて

トラリピの設定では「ハーフ&ハーフ」という方法があります。

これは必要資産額を抑えることができるので、大変おすすめです。

やっていることは単純で、先ほどの例の用いると以下の通りとなります。

レンジ相場の中心値を境に「買い」と「売り」で半分ずつにするという方法です。

この方法を用いることで必要資金を大幅に減らすことができるので、トラリピでは基本的な設定となっています。

実際に筆者の設定も「ハーフ&ハーフ」で行っており、安定的な利益をあげることができています。

ただ、もちろんデメリットもあります。

売りの場合、マイナススワップ(借金の金利みたいなもの)が発生するので、多少ですがコストが増えます。

また、トラリピ設定範囲外に為替レートがはみ出した場合「ロスカット」が執行されるので、より範囲設定が重要になります。

※ハーフ&ハーフを行わない場合、為替レートが上がる時(設定の上に突き抜ける)はロスカットにはならない。

結局のところ、リスクとリターンのバランスを自分の中でうまく設計できるかが重要となります。

設定には多くの方法・種類がありますが1つずつ理解していくおくことをおすすめします。

嫁さま

「なんか良さそうだからやっちゃえ!」ってなったらダメってことだね

りりまん

そうそう!
挑戦するのは良いことだけど、勉強はしっかりしないとね!

投資初心者の方の場合、『買ったものを売る』は理解できると思いますが、『売ったものを買い戻す』はピンとこないかも知れません。

これは借金(一時的な)と同じなので、買いよりリスクはあります。

有効活用できれば効率も良くなりますが、仕組みは理解しておきましょう。

また、ハーフ&ハーフについてより詳しく知りたい方は「こちらのサイト」を参考にしてみてください。

目次に戻る⇧

『トラリピ』の投資金額の考え方

さて、ではトラリピを設定したらどのようにお金が動いて利益が発生するのか解説します。

先ほどのレンジ相場の例を用いて説明していきます。

ここでは分かりやすいように、100円~110円の範囲で1円毎に最低金額で買い付けを行い、1円上がったら売却することとします。

このような設定をトラリピでは

売買    :買い
レンジ   :100~110
注文金額  :0.1万
トラップ本数:10本
利益値幅  :1
利益金額  :1000円

と表現します。

通貨ペアはなんでも良いのですが、便宜上ドル」として説明していきます。

その場合、以下のような取引となります。

では、このような取引をした場合、どれぐらいの金額が必要でリスクはなになのかを解説していきます。

まずトラリピの場合、最低購入金額は「1000通貨」となります。

要するに、100円のところで買う場合は『100円×1000=10万円』が必要になるというのが前提です。

りりまん

日本株も基本的には1株単位で売買できなくて(証券会社によるが)100株単位での売買になるよね!

FXも似たようなイメージだよ!

上記を踏まえて先ほどの図を見てみると、最初の取引(約定①)は「109円」の時に「買って」「110円」の時に「売って」います。

つまり、1ドル=109円の時に10万9000円(109円×1000)分の『円』を『ドル』に替え、1ドル=110円の時に『ドル』を『円』替えることで、11万円になり差分の1000円が利益となっているのです。

基本的にトラリピでの取引内容はこれを繰り返しているだけです。

通貨ペアによって値段に差はありますがやっていることは同じです。

ただ、ここに必要証拠金・レバレッジや含み損などの言葉が関係してくると少しややこしくなるのです。

それを説明するために、先ほどの取引をピックアップして、もっと詳しく見てみます。

まずは含み損についてです。

含み損

以下の図の為替の変動に応じた含み損益の推移です。

109円で買って100円の時には9000円の含み損を抱え、最終的には+1000円で売却することができています。

トラリピではこのようなプロセス(一度下がって上がる)を繰り返すので、性質上含み損を抱えている状態が大半となります。

※右肩上がりの時は買ったらすぐ売るを繰り返すので、含み損は抱えないが基本的にはいつか下がるので上記と同じになる

りりまん

トラリピを始めて最初の方は含み損が増えるけど、心配しないでね!
この性質を理解しておいたら大丈夫だと思うよ。

また、トラリピの場合は複数の買い注文を実施するので、実際の含み損はもっと多くなりますし、細かく利益が確定していきます

図に示すと以下の通りです。

為替が108円の時は、109円で買ったものが「-1000円」となり含み損は-1000円

次に、為替が107円になれば、109円で買ったものは「-2000円」、それと108円で買ったものが「-1000円」となり含み損は合わせて-3000円

このように買いが複数ある状態で為替のレートが下がると、含み損が増大します。

その点をしっかり理解しておくことがトラリピを始める上での基本になります。

嫁さま

含み損がいっぱいあると不安になりそうだけど、そうゆうもんと思っておくのが大事だね!

必要証拠金とレバレッジ

続いては必要証拠金とレバレッジについてです。

必要証拠金とは、トラリピを設定して運用していくうえで最低限必要になってくるお金のことをいいます。

そして、レバレッジとは自分の資産(証拠金)の何倍のお金を運用(取引・売買)をしているかというものです。

トラリピの場合、最大25倍までのレバレッジをかけることが可能です。

では、それぞれがどのようにトラリピと関わってくるか説明していきます。

先ほどの例と同様に109円で買い注文を入れるとします。

その場合109円×1000=10万9000円が必要になるのですが、レバレッジを最大限活用すると

10万9000÷25(最大レバレッジ)=4360円(必要証拠金)

さえ入金しておけば、買い注文をすることが可能になります。

ただし、必要証拠金だけの入金だと、為替のレートがそれ以下になった場合、即刻ロスカット(強制損切り)されてしまいます。

つまり、1円の利益をあげることもなく損失を出した状態で取引が終了するということです。

これだと意味ないので、100~110のレンジ相場を前提として、利益を確定できるようにするための必要金額を計算してみます。

まず、先ほど計算した必要証拠金(4360円)は確実に必要で、あとは為替のレートの変動でこの数値を割り込まないように計算するだけです。

つまり、必要証拠金に自分が想定している最大の含み損益を足してやるだけです。

今回の場合だと

4360円必要証拠金9000円最大含み損13360円入金額

13360円を入金しておくことで、上記のように109円から100円まで為替のレートが落ちてもロスカットされることなく取引が継続されます。

ただし、含み損の部分でも言いましたがトラリピは複数の注文を実施します。

そのため、必要証拠金の計算は少しややこしくなります。

そんな時は、マネースクエアが提供している「トラリピ運用試算表」が便利なので確実に活用し必要な金額についてしっかり把握しておきましょう。

『トラリピ』のメリット・デメリット

ここまででトラリピについてはおおむね理解してもらえたと思います。

それを踏まえて、改めてトラリピの「メリット」と「デメリット」について簡単にご紹介します。

ご自身のポートフォリオに導入するか検討する1つの指標にしてみてください。

メリット

メリットは以下の5点です。

  • 投資初心者でも再現性が高い
  • 一度設定さえすればほったらかしで良い
  • 投資のタイミングを気にしなくて良い(レンジ相場のため)
  • コンスタントに利益を獲得できる
  • 株式や投資信託と合わせて行うとリスクヘッジになる

再現性が高く・設定さえすればいつでも始めれるというのは魅力的です。

また、コンスタントに利益が発生するので、精神的に安定しますし金銭的に豊かになった気になります。

りりまん

利益が出たからって無駄遣いしたらダメだよ!

嫁さま

利益でトラリピにさらに投資するか、違う金融商品を買ったらどんどん資産運用が加速するね。

デメリット

デメリットは以下の3点です。

  • 株式や投資信託と比較してリスクが大きい
  • リスク管理が難しい
  • 投資初心者には分かりにくい

ロスカット等があるのでどうしても株式や投資信託と比較した際にリスクは高くなります。

もちろん、ほとんどリスクを取らない運用も可能ですが、その場合投資額に対する利益は少なくなるので魅力が落ちてしまいます。

リスクとリターンのバランスをしっかり把握しながら運用することが大切です。

りりまん

FXは投資だからね!
イチかバチかのギャンブルではないってことを理解しておくことが重要だよ!

目次に戻る⇧

『トラリピ』の評判

トラリピに関する「良い評判」と「悪い評判」をいくつか集めてみましたの、ご紹介します。

良い評判

りりまん

「安定した収益」と「安い手数料」あとは相場観が無くてもできるっていうところが良い評価に繋がってるね!

あと再現性が高いのも魅力の1つだと思うよ!

悪い評判

りりまん

誰にでもできて簡単っていう面の裏には、勉強をサボってしまってリスク管理がちゃんとできない部分は確かにあるね。

『トラリピ』の設定方法・実績

良い面でも悪い面でもトラリピは設定さえすれば、誰でも同じ運用が可能です。

もちろん設定後に自分で色々勉強しながら、数値を変更したりするとさらに理解が深まると思います。

筆者はトラリピ運用で有名な「鈴」さんを参考にさせてもらっています。

>>鈴さんのブログはこちら

参考というよりか、現状は同じ設定で運用しており通貨ペアは以下の通りで、計8通貨での運用をしています。

リスクは入金額(有効証拠金)によって異なるので、金額が増えるにつれて通貨ペアを増やすようにしています。

運用中の通貨ペア
  1. CAD/JPY
    ⇒必要金額「30万」
  2. AUD/NZD
    ⇒必要金額「50万」
  3. EUR/GBP
    ⇒必要金額「70万」
  4. NZD/USD
    ⇒必要金額「100万」
  5. EUR/JPY
    ⇒必要金額「130万」
  6. NZD/JPY
    ⇒必要金額「140万」
  7. AUD/JPY
    ⇒必要金額「180万」
  8. AUD/USD
    ⇒必要金額「220万」

月ごとにバラつきもありますが平均で考えると「月利1%」程度は期待できる運用方法になっています。

各通貨ペアの設定方法を簡単にご紹介します。

詳しい購入方法やトラリピのリスクの考え方などは、別記事でまとめる予定ですのでしばしおまちください。

CAD/JPY

加ドル/円の通貨ペアです。

筆者の場合、約4か月運用し「15000円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は-500円程度です。

AUD/NZD

豪ドル/NZドルの通貨ペアです。

筆者の場合、約4か月運用し「1500円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は-6500円程度です。

EUR/GBP

ユーロ/英ポンドの通貨ペアです。

筆者の場合、約3か月運用し「4500円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は+1000円程度です。

NZD/USD

NZドル/米ドルの通貨ペアです。

筆者の場合、約4か月運用し「9000円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は+100円程度です。

EUR/JPY

ユーロ/円の通貨ペアです。

筆者の場合、約3か月運用し「8000円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は-3000円程度です。

NZD/JPY

NZドル/円の通貨ペアです。

筆者の場合、約3か月運用し「5000円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は-14000円程度です。

AUD/JPY

豪ドル/円の通貨ペアです。

筆者の場合、約2か月運用し「3500円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は-7500円程度です。

AUD/USD

豪ドル/米ドルの通貨ペアです。

筆者の場合、約1か月運用し「2000円」程度の確定損益が発生していて、現状の含み損益は+300円程度です。

目次に戻る⇧

まとめ:トラリピは再現性が高いFX投資!!

最後にまとめです。

FXとは

  • Foreign Exchangeフォーリンエクスチェンジ」の略で、日本語では「外国為替取引」や「外国為替証拠金取引」という意味で使用される

トラリピとは

  • トラップリピートイフダンの略で、マネースクエアが提供する自動売買ツール
  • 最低必要資金は30万円以上がおすすめ
  • 基本的には常に含み損がある状態
  • 設定さえ同じなら誰でも同様の運用が可能

トラリピでの注意点

  • レンジ相場であることが前提
  • 必要資金とロスカットの関係性を理解は必須
  • 必要資金を減らすには「ハーフ&ハーフ」がおすすめ

「FX」および「トラリピ」について十分に理解してもらえたと思います。

頭でなんとなく理解できたら次は実際に運用してみましょう。

「百聞は一見に如かず」なのでやってみるのが1番理解するまでのスピードが速いです。

まず初めのステップは口座開設です。

以下の記事にわかりやすくまとめてますので、参考にしてみてください。

【口座開設】マネースクエアで「トラリピ」運用|投資初心者でも簡単に自動売買が可能!!  この記事がおすすめな人  マネースクエアでの口座開設方法が知りたい人トラリピでの自動売買運用がしたい人毎月のキャッシュフロー...

本ブログでは「お金の教科書」として、お金に関する情報をまとめており、少しはお役に立てると思いますので、良ければ他の記事も閲覧してみてください。

【完全保存版】『お金の教科書』 人生で学んだお金の全て!! 【2021年】3月31日:初版発行4月30日:記事追加・文章修正5月31日:記事追加(6記事追加)6月30日:記事追加(8記事追加)...

これからも楽しくお金の勉強は重ねていき、将来に役立てていきましょう!!

では、また!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA