お金・資産運用

『単利と複利の違い』知らないと損するお金の話

みなさん、単利と複利について知ってますか?

簡単に言うと、「利子・利息」の計算方法のことです。

「ん?よく分からないなー?」と、思った方

単利と複利の違いを理解していないと、将来の資産形成に大きな影響がでてきます!

「損する人」「得する人」がはっきり分かれます。

嫁さま

「得する人」になりた~い。(笑)

りりまん

だよね。笑
ちなみに、複利は人類最大の発明と言われるぐらいに凄いものなんだよ!

では、今回は単利と複利の特徴とその違いについて説明していきます!

そもそも、利子や利息、金利について分からない方は下記の記事をご覧ください。

【簡単解説】金利とは? 利回り・利子・利息との違いは?「金利とは」よく聞くけど、うまく説明できる人は少ないと思います。本記事では「金利」「利子」「利息」「利回り」について分かりやすく解説しています。言葉の違いを知ることでその分野への理解度もぐっとあがります。...

単利と複利の違い

Money, Profit, Finance, Business, Return, Yield

まずは単利と複利についてご説明します。

単利とは

単利は預けた「元本のみ」に利息がつく計算方法になります。

例えば、100万円を元本にし年利5%で運用した場合、以下の図の通りになります。

つまり毎年、年利分が増えていく計算になります。

複利とは

複利は預けた「元本+利息」に利息がつく計算方法になります。

単利同様、100万円を元本にし年利5%で運用した場合、以下の図の通りになります。

「元本+利息」に年利がかかってくるので、単利に比べて毎年の利息の額が大きくなります。

見ていただいた通り、利息の額が「単利<複利」になります。

例では、約5万円の差ですが「元本が大きく」「運用期間が長い」場合はその差は広がっていきます。

それぞれの金融商品

では、単利と複利のそれぞれの金融商品について紹介します。

「単利」金融商品「複利」金融商品
定期預金(銀行)定額預金(ゆうちょ銀行)
債券(国債、社債等)元利自動継続型
投資信託
(毎月分配金受取型)
投資信託
(無分配型、分配金再投資型)

もちろん、複利の金融商品の方が資産運用に向いています。

この差を理解するのが、とても大事です!!

「100」と「72」という魔法の数字

Digits, Counting, Mathematics, The Number Of, Education

「100」「72」という数字になんの意味があると思いますか?


これは「単利」「複利」での「元本が2倍になる期間」を算出するのに用いる数字なんです。

以下の表に纏めましたので、ご参考にしてください。


将来の資産運用に役に立ちますので、覚えておくと便利です!!

運用
利回り
単利複利
計算式2倍になる
期間
計算式2倍になる
期間
1%100÷1=100100年72÷1=7272年
2%100÷2=5050年72÷2=3636年
4%100÷4=2525年72÷4=1818年
5%100÷5=2020年72÷5=14.414.4年
10%100÷10=1010年72÷10=7.27.2年

見てわかる通り、複利の方が短期間で資金が2倍になっていることがわかります。

それだけ効率的ということです。

まとめ

単利と複利について、理解いただけたと思います。

「単利だからダメ」ということはありませんが、利息の計算を正確に実施できるようになっておくことが重要です。

今回で、皆さんも効率よく「お得」に資産運用ができることと思います。

これからもお金の勉強をしていきましょう!

では、また!!

【完全保存版】『お金の教科書』 人生で学んだお金の全て!! 【2021年】3月31日:初版発行4月30日:記事追加・文章修正5月31日:記事追加(6記事追加)6月30日:記事追加(8記事追加)...

にほんブログ村 にほんブログ村へ
関連記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA