お金・資産運用

20代サラリーマンの『本気の資産運用』 目指せ!経済的自由「FIRE」までの道筋 その⑬ (2022年2月)

 この記事で分かること 
  • 20代サラリーマンの総資産額
  • 預金・株・FX等の総資産のポートフォリオ
  • 具体的な保有銘柄

2月も終わりました。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

個人的には仕事もプライベートも様々なタスクが重なり忙しい状況です。

こんな状況だからこそ、ひと呼吸つきながら自分のペース守りつつ行動していきたいですね。

私生活が忙しい中でもお金がお金を生む作業を行ってくれるのが、投資の良いところです!

さて、ではさっそく本題の2022年2月の資産運用報告をしていきたいと思います。

嫁さま

お金さん!私たちの代わりに24時間いっぱい働いてね!(笑)

りりまん

ブラック企業もびっくりの働かせっぷり

※とっても暇な方は先月までの記事と比較してみて下さい。トピックスが分かりやすいようにサブタイトルつけてます!

過去の資産運用結果

2021年(タップで開く)
2022年(タップで開く)

総資産額・ポートフォリオ(2022年2月末)

総資産はこちらです!!

そして、月ごとの推移を示した「表」と「グラフ」がこちらです!

今月も順調に資産を増やすことができました。

今月は特にトピックスは無くて、「持株」や「つみたてNISA」などの定期購入はいつも通り実施し、米国株が下がってきているので一部買い増しを実施しました。

どんどん買い増ししたい気持ちはありますが、ウクライナ情勢等まだまだ経済が安定しない局面なので、しばし傍観します。

りりまん

落ちる(途中の)ナイフは掴んじゃケガするからね!
落ち切ったナイフを拾うようにしないと。

嫁さま

安くなるとどうしても手を出したくなるよね。

では、次項以降で各資産について具体的な銘柄を含めて紹介していきます。

ちなみに本ブログでは各月での家計簿も公開しておりますので、資産状況と合わせて閲覧いただくとリアリティがあって面白いかも知れません。

以下にリンクを記載していますので、良ければ見てみてください。(2月分は3月中頃に公開予定です。)

過去の家計簿

2021年(タップで開く)
2022年(タップで開く)

保有銘柄・口座

具体的な「開設済みの口座」と「保有銘柄」を公開していきます!!

開設済み口座

開設済み口座は以下の13口座です。

投資を「これから始める・始めたい」と考えている方は、「①⑥(楽天)」か「②⑦(SBI))」のセットで口座を開設するのをおすすめします。

りりまん

正直どっちでもほとんど変わらないけど、使いやすさやお得加減なら「楽天」の方がおすすめだよ!

※最近は楽天の改悪が目立ってきたので、今後SBIが優位になる可能性もあります。

単元未満(1株など)で少額投資をしたい方は「⑩⑬」などもおすすめです。

また、自動売買に興味がある方は「⑪⑫」に口座を開設してみても良いかも知れません。

>>マネースクエアの口座開設方法はこちら

ただ、口座が増えると困るのが各口座の管理です。

その点は『家計簿アプリのマネーフォワードME』でほとんど解決します。

無料で登録でき、各口座の残高等が一目で分かるのですごく便利です。

本記事もマネーフォワードMEの管理画面を活用しながら、作成しております。

分かりやすく資産が管理できるのでおすすめできます!!

  • 5分で簡単登録!
  • 無料で使える!
家計簿・資産管理ツールの決定版

預金・現金・仮想通貨

預金・現金の推移はこちらです。

資産推移グラフ(預金)

現金は先月と比べ大きな差はありませんが、少しずつ減ってきてます。

今はキャッシュポジションを高めたいので少し調整します。

本来であれば我が家での現金の保有額は、1カ月の生活費を20万円と仮定し半年分あれば良いと思うので「20万円×6カ月=120万円+余裕を見て30万円 計150万円」

を、目標としています。

そのため、150万円を超える部分はどんどん金融資産に換えていきます。

マネーフォワードの設定上「仮想通貨」も本カテゴリーに入ってしまってます。

そして、筆者は「ビットコイン」を保有していますが、20万円ほどなのでそこまで大きな影響はありません。

株式・ETF

株式(現物)の推移はこちらです。

資産推移グラフ(株式)

各銘柄の保有金額は以下の通りです。(持株とは自社株のことなので伏せさせてもらっています)

銘柄 2022年 2月 2022年 1月 2021年 12月 2021年 11月2021年 10月2021年 9月2021年 8月
持 株
(個別株)
¥6,792,000¥6,507,900 ¥5,849,800 ¥5,378,100 ¥6,110,733¥6,350,400¥5,818,000
SPYD
(米国ETF)
¥373,731¥369,273 ¥362,344 ¥342,747 ¥345,527 ¥334,530 ¥331,151
HDV
(米国ETF)
¥359,288¥356,490 ¥348,023 ¥330,747 ¥337,315 ¥321,283 ¥321,271
VYM
(米国ETF)
¥319,230¥319,649 ¥321,997 ¥307,079 ¥309,840 ¥293,564 ¥295,500
VOO
(米国ETF)
¥279,059¥281,465 ¥50,356 ¥48,376 ¥48,248 ¥44,711 ¥45,642
VTI
(米国ETF)
¥383,891¥282,092 ¥27,861
VIG
(米国ETF)
¥183,869¥185,664
日本高配当株
(個別株:詳細は表参照)
¥128,018¥126,537 ¥125,448 ¥119,616 ¥118,830 ¥122,892 ¥118,272
合 計¥8,819,086¥8,429,070¥7,325,229 ¥6,741,02 ¥7,517,893 ¥7,832,180 ¥7,260,436

自社株が頑張ってくれたおかげで、資産が増えました。

この中で追加購入したのは「持株(約9万)」「VTI(約10万円)」のみです。

持株は定期購入しつつ、一部売却してこのパフォーマンスなので上出来です。

とはいいつつも、個別株はどんどん売っていってETFに変換していきたいです。

米国ETFの銘柄をつらつら書いていますが、よく分からない方のために以下に簡単に紹介しておきます。

米国ETFの銘柄紹介
  • SPYD
    米国高配当株の詰め合わせパック。
    S&P500の高配当上位「80社」に均等投資している。
  • HDV
    米国高配当株の詰め合わせパック。
    S&P500の優良高配当株「75社」に時価総額を考慮し投資している。
  • VYM
    米国高配当株の詰め合わせパック。
    FTSEの構成銘柄「約400社」に時価総額を考慮し投資している。
  • VOO
    S&P500に連動するETF。
  • VTI
    米国の株式市場全体に投資している。
    構成銘柄は「約4000社」
  • VIG
    米国増配当銘柄の詰め合わせパック。
    10年以上連続で増配している銘柄「約250社」に時価総額を考慮し投資している。

りりまん

やっぱり米国ETFは低い手数料で優良な企業に分散投資できるのが魅力的だよね!

嫁さま

日本でも優良なETFがでればいいのにね。

また、日本高配当株に関しては保有銘柄が多すぎるため上記では掲載を省略していますが、詳細は以下の表にまとめています。

日本高配当株詳細

各銘柄の選定基準に関しては『リベ大両学長から学んだ高配当株』にて解説しているので参考にしてみてください。

今後セクター別で割合を決めてポートフォリオを調整する予定です。

投資信託

投資信託の推移はこちらです。

資産推移グラフ(投資信託)

各銘柄の保有金額は以下の通りです。

銘柄2022 年 2月2022年 1月 2021年 12月 2021年 11月 2021年 10月2021年 9月2021年 8月
eMAXIS Slim
全世界株式
(投資信託)
¥166,358¥152,698 ¥159,828¥148,427 ¥144,713 ¥130,099 ¥126,868
eMAXIS Slim
米国株式
(投資信託)
¥15,856
eMAXIS Slim
全世界株式
(つみたてNISA)
¥461,631¥436,243 ¥439,379¥378,096 ¥338,451 ¥272,137 ¥232,709
eMAXIS Slim
米国株式
(つみたてNISA)
¥416,939¥387,809 ¥394,665¥326,875 ¥274,047 ¥203,860 ¥157,780
合 計1,060,784976,750 ¥1,695,647 ¥1,519,020 ¥1,418,520 ¥1,319,454 ¥1,266,225

先月より増加していますが、『毎月10万円を積み立て投資』しているので投資成績で言うと少しマイナスです。

やはり、「コロナ」や「ウクライナ情勢」や問題が次々に起こって安定しない相場が続くと景気もよくならないですね。

早く平和な世の中に戻ってもらいたいものです。

さて、今回新たに購入したのはいつも通り以下の2銘柄のみとなっています。

  1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  2. eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

楽天証券では1人当たり毎月5万円までの投資なら、1%の楽天ポイントが付与されます。

つまり、夫婦で年間120万円(月10万円×12カ月)投資した場合、1年間で12000ポイントもらえることになります。

これはお得なので、我が家では「つみたてNISA(夫婦で年間80万円)」+「楽天Pが付く限度額まで(夫婦で年間40万円)」を積み立てしています。

楽天証券で買うだけで年利1%が貰えているのと同義なので、みなさんにもおすすめです。

>>『楽天証券』の口座開設はこちら

嫁さま

楽天証券も改悪を発表したね…
今年中は1%の付与が貰えそうだけど、来年は半分ぐらいになりそう。

りりまん

とうとう来たか!って感じだね。
でも今のところはやっぱり楽天がお得だからまだ使い続けるよ。

FX

FXの推移はこちらです。

資産推移グラフ(FX)

FXと書いていますが、内容は「トラリピ」というツールを使い自動売買を行っています。

誰でも「資金」と「設定」さえしてしまえば、同じような運用をすることが可能になっています。

トラリピについては「トラリピとは|自動売買で不労所得を手に入れる最短ルート!!」でめちゃくちゃ分かりやすく解説しているので、ぜひ見てみてください!

まずは、マネースクエアという証券会社にて口座開設が必要ですので、ご検討されている方は以下のリンクも参考にしてみてください。

>>マネースクエア(トラリピ)の設定と口座開設方法

さて、今月のFX(トラリピ)ですが、追加入金はなしで計8通貨ペアでの運用をしています。

現在取引中の通貨は以下の通りです。

運用中の通貨ペア
  1. CAD/JPY
    ⇒必要金額「30万」
  2. AUD/NZD
    ⇒必要金額「50万」
  3. EUR/GBP
    ⇒必要金額「70万」
  4. NZD/USD
    ⇒必要金額「100万」
  5. EUR/JPY
    ⇒必要金額「130万」
  6. NZD/JPY
    ⇒必要金額「140万」
  7. AUD/JPY
    ⇒必要金額「180万」
  8. AUD/USD
    ⇒必要金額「220万」

そして、今月の確定損益と現状の含み損益は以下の通りです。

銘柄2022年 2月2022年 1月 2021年 12月 2021年 11月 2021年 10月2021年 9月2021年 8月 2021年 7月
入出金額¥0¥0¥300,000(入)¥0¥300,000(入)¥300,000(入)¥580,000(入)¥610,000(入)
確定損益 ¥21,107¥17,919¥17,924 ¥21,492 ¥16,592¥12,632¥3,903¥2,400
預託証拠金¥2,203,969¥2,182,862¥2,164,943¥1,847,019¥1,825,527¥1,508,935¥1,196,303¥612,400
含み損益 -¥21,182 -¥26,622-¥24,001 -¥25,058 -¥56,574 -¥11,254 -¥11,805 -¥3,707
有効証拠金¥2,182,787¥2,156,240 ¥2,140,942 ¥1,821,961 ¥1,768,953 ¥1,497,681 ¥1,184,498 ¥608,693

今月もそこそこ順調でした。

コンスタントに利益が確定しており、1つの不労所得の柱としてだんだん成長してきたので、今後が楽しみです。

ただ、しばらくの間は入金せず動向を観察しておこうと思います。

2022年は株式の方に力を入れていきます。

りりまん

毎月2~3万円のキャッシュフローが獲得できると御の字だと考えてるよ。

先物OP

先物OPの推移はこちらです。

資産推移グラフ(先物OP)

先物OPと記載していますが、実際の内容は『トライオートETF』というものです。

こちらも先ほどの「FX(トラリピ)」と同様の自動売買となっています。

「トラリピ」が為替を対象に取引しているのに対して、「トライオートETF」は特定のETFを対象にして取引しています。

今月の確定損益と現状の含み損益は以下の通りです。

銘柄2022年 2月2022年 1月 2021年 12月 2021年 11月 2021年 10月2021年 9月2021年 8月 2021年 7月
入出金額¥0¥300,000(入)¥0¥0¥0¥0¥0¥1,000,000(入)
確定損益¥15,391¥22,003¥28,991¥23,076 ¥15,252¥3,516¥6,199¥6,343
預託証拠金¥1,420,771¥1,405,380¥1,083,377¥1,054,386¥1,031,310¥1,016,058¥1,012,542¥1,006,343
含み損益 -¥276,890 -¥226,234 -¥6,734-¥2,288 ¥1,214 -¥21,908 -¥703 -¥537
有効証拠金 ¥1,143,881 ¥1,179,146 ¥1,076,643 ¥1,052,098 ¥1,032,524 ¥994,150¥1,013,245 ¥1,005,806

筆者は「ナスダック100トリプル」という、ナスダックの3倍の値動きをするETFを対象に売買しています。

2月は米国市場が急落したため、含み損が凄いことになっています。

筆者と同じようにナスダック指数に投資していた方も同じ状況になっていることでしょう。

ただ、ここで怖くなって売ってしまうと損失がでるだけなので、投資する際に「こうゆう状況になるということを想定していたか」が重要になります。

投資はお金が減ることもあるということを考慮して実施するようにしましょう。

もちろん、筆者は売却せずに値段がもとに戻るのを待つことにします。

りりまん

昔は数百万円の含み損を抱えたこともあったな~。
含み損は良いことじゃないけど、無闇矢鱈に怖くなるのはより危険だよ!

年金(企業)

年金(企業)の推移はこちらです。

資産推移グラフ(年金)

こちらは11月より追加された項目です。

いわゆる企業型拠出年金(DC)というものです。

特に興味はなかったのですが、会社で強制的に加入させられ、給料とは別に毎月1000円支給してくれるみたいなので良しとしました。

投資先の種類は「バランスタイプ」や「預金タイプ」「不動産」等々たくさんありましたが、「外国株式(米国)」一択で運用しています。

なにかトピックスがあれば今後報告していきます。

りりまん

企業型DCも「iDeCo」と同様に非課税で運用できるから得っちゃ得だよね。

でも60歳まで引き下ろせないから、そこが難点…

ポイント

ポイントの推移はこちらです。

資産推移グラフ(ポイント)

ポイントのほとんどが楽天ポイントです。

楽天の期間限定ポイントはすぐ使うようにしていますが、有効期限がないものは「楽天ポイント投資」に充てています。

何もせず所持していても良いのですが、遊び感覚で実施してます。

ちょっとは増えているので、なにもやらないよりはマシかなと思います。

他のポイ活としてはハピタスを活用しています。

詳しく知りたい方は「ハピタスとは|メリット・デメリットを解説」を読んでみて下さい。

りりまん

ポイント投資はおまけ感覚としてできるから、投資初めての人にはおすすめかもね!

嫁さま

確かに普通のお金よりポイント投資の方がやりやすいね!

その他の資産

その他の資産の推移はこちらです。

資産推移グラフ(その他の資産)

その他の資産とは、筆者の場合ソーシャルレンディングを示しており『クラウドバンク』にて運用してます。

【ソーシャルレンディングとは】

お金の融資と思ってもらえば良いと思います。

お金を借りたい人(企業)にお金を貸しても良い人(個人)が融資して、その金額に応じて配当を貰います。

ただ個人が数千・数万円を貸すと言っても、個々に対応はできない(手間)ので、間を取り持つ会社(僕の場合は『Crowd Bank』)が個人からお金を集めて企業に貸す形になります。

月ごとの分配金は以下の通りです。

銘柄2022年 2月2022年 1月 2021年 12月 2021年 11月 2021年 10月2021年 9月2021年 8月 2021年 7月 2021年 6月 2021年 5月 2021年 4月
分配金 ¥1,547¥1,490 ¥3,455 ¥1,466 ¥1,523¥3,416¥1,445¥1,492 ¥3,698 ¥1,491 ¥43
合計額 ¥528,219 ¥527,615 ¥526,935 ¥523,027 ¥524,114 ¥518,533513,131¥511,711 ¥515,351 ¥512,838 ¥510,267

約50万の投資に対して、毎月の分配金が1500円~3000円程度です。

値動きがほとんどないため、株のように日々の値段に一喜一憂しなくて済みます。

ただ、為替の影響も受けているので、資産は日々変動しております。

約半年間ソーシャルレンディングを運用してみて感じましたが、株式や自動売買の方が扱いやすく利益もでるので、今後は徐々に資金の移動を行いたいと思います。

自分に合うか合わないか実際試してみて感じれたので良い経験だったと思います。

2022年の10月ぐらいには完全に資金を移動させていきます。

FIREまでの道筋

『FIRE』達成までの道筋を立てて、毎月の目標額に対しての実績を紹介してますので、参考にしてみてください。

FIREについては「FIREとは セミリタイヤするまでにはいくら貯めればいい?」で解説していますので見てみてください。

それぞれの具体的な数値は次項で説明します

目標

目標を以下の通り設定しました。

目標
設定時
FIRE
達成目標
FIRE
まで残り
日時2021年2月2039年12月18年10カ月
総資産1200万円1億円8800万円

2021年2月からしっかり計画だてて資産運用を実施し、2039年12月には1億円貯める目標を設定しました。

「1億円」という額の理由は、それだけ貯めると「年間400万円程度」の不老取得が得れるからです。(4%ルールに基づくとです)

そうなれば、働くという行為から解放され、経済的自由の達成となります。

つまり

『人生の選択肢を増やして自由に生きていこう』

が、最終目標です!!

計算した結果、上記の内容を達成するには以下の実績が必要になります。

年利4%(税引き後)
毎月の積立額22万5000円

少し難しいかも知れませんが、とりあえずの目標ということで当面これで頑張ってみます。

ただ、あくまでお金というのは手段であって目的ではないので、資産運用をしつつ人生設計もしっかり構築していきたいと考えています。

では、目標に対する実績を次項で公開します!!

実績

まずはこちらの表をご覧ください。

まず積立額について説明します。

積立額とは

現金から金融資産に変更した額を記載します。

例えば、給料や貯金から株等を30万円購入した際は「30万円」と記載し、仮に株を30万円分売って、FXに20万円投資した場合は「ー10万円」と記載します。

要するに、月ごとの金融資産の増減額を記載しています。

今月は「目標:22万5000円」に対して「実績:-3万4215円なので、計画より減ってしまっています。

が、今は市場が不安定であまり積極的に投資するタイミングではないと思っているので、投資するより現金保有率を増やす方向で調整していくつもりです。

みなさんも投資と貯金のバランスは考えてみてください!

総資産については順調に伸びています。

持株の株価の回復が一番大きかったと思います。

来月以降も頑張ってもらいたいものです。

では、FIREまであとどれぐらいなのか整理しておきます。

目標設定時現時点
日時2021年2月2022年2月
総資産1200万円1603万円
FIRE達成
までの日数
18年10カ月目標より
3カ月短縮
FIRE達成日2039年12月2039年9月
総資産
1億まで
8800万円8396万円

目標より少し短縮することができています。

約1年運用して目標との差があまりないので、現実味がある目標設定なのだと確信を得ることができました。

りりまん

副業とかで稼ぐ力を伸ばせれば更に加速させれるね!!

嫁さま

そうなると楽しくなってくるね!!

総括

2022年も順調に資産形成ができています

2022年はブログや資産形成のほかに資格の取得等を頑張っているので、割と忙しい毎日を送ることができています。

りりまん

今は簿記3級を勉強してて、4月に試験を受験する予定です

それまで時間があるため、2級の勉強も進めてます!!

なにか新しい知識を身に着けるのは楽しいので、今後もどんどん行動していきたいと思います!!

本ブログでは「お金の知識や、資産運用に関する情報」を発信していきますので、今後も参考にしていただければ嬉しいです。

では、また!!

【完全保存版】『お金の教科書』 人生で学んだお金の全て!! 【2021年】3月31日:初版発行4月30日:記事追加・文章修正5月31日:記事追加(6記事追加)6月30日:記事追加(8記事追加)...

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA